<'> ← 下半身

専用チラシの裏
Home未分類 | FEZ | 三國志オンリエン | 洋ゲ | MHF | 家ゲ | Hellgate:London | 読書感想文 | PCパーツ | MMO | オンリエンゲーム | アニメーション | PC Tool | Team Speak2 | Civilization4 | FF11 | Aion | MH3 | 行ってきた | FF14 | 和訳勢 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Classic Blunders OQ

2011.10.30
battle-of-wits-1314902716.jpg
原文:Officers' Quarters: Classic blunders

あらすじ:姫ちゃんが彼氏を特別扱いして原たつのり


毎週月曜日、スコット・アンドリュースがオフィサーズクォーターにギルドリーダーシップについて様々なコラムを寄稿します、彼はザ・ギルドリーダーズハンドブックの作者でもあり、現在ノースターチプレスより好評発売中です。


先週、親戚が死んだのでRaidを欠席したらギルドの幹部からやや攻撃的なゲーム内のメールを受け取ったことで起きた事件のことを話した、それはギルド内での幹部のコミュニケーション欠如によって起こったことだ。

今週のお手紙もコミュニケーション不足が原因でよくある失敗が全てを吹き飛ばすドラマボムに進化した例だ。

やぁスコット、

私は中規模なギルドの幹部をしている。私達の目標はシンプルで、PvPやRaidを楽しみ、相互に助け合うことだ。
私は最近幹部やギルドリーダーから選ばれて幹部に昇格したんだ。

大体ひと月前に一人の新人がギルドに加入した。彼をジャック(仮名)としよう。ジャックは今までは素晴らしい人だと思っていたギルドリーダーのリアフレだったんだ。
ギルド内にリアフレがいるとゲーム内外で相談が出来たりするので好ましいことだと考えている。
私のガールフレンドもギルド内での勧誘担当で、幹部内でもっともお付き合いのある友人になっている。

大体一週間前だろうか、ログインするとジャックが不思議なことに私と同じ幹部のランクになっているのを見かけて私は混乱した、というのも私はほぼ一年間ギルドに所属してようやく、ギルド運営に関わることが出来るようになったからだ。
私は携帯電話から私のリアフレ幹部のボブ(仮名)に事の次第のメールを送った。
私はボブに今まで皆は幹部になるためにはギルドに貢献していく必要があったのにこれは非常にフェアではないということを伝えたんだ。
そこで驚くべきことに、ボブはジャックの昇格に関して全く身に覚えてないことを知った。
ギルドで幹部に昇格させられる権限を持つのはGM、ボブ、そしてもう一人の高いランクにある幹部のみなんだ。
ボブはギルドリーダーとコンタクトを取り、ギルドリーダーがジャックを独断で昇格させたことが判明し、怒った。

ボブと私は事のあらましを文書化してギルドにいる全ての幹部に今回の件に対しての意見を求めた。
ほぼ全ての幹部がジャックは昇格させるのはおかしいと賛成してくれた。
全員から意見を聞いた後にボブはジャックをギルドに入って3週間以下のメンバーに対してのランクに降格にさせた、後でギルドリーダーからの反発を受けることを知りつつ。

ボブがギルドリーダーから怒りのメールを受け取ったのは、私がボブの家でよろしくしていた夜の事だった。
ギルドリーダー曰く、幹部はギルドリーダーが昇格させたメンバーを降格させる権利は無いと言った。
私達は幹部なら他の皆がそうしているようにギルドに貢献していなければならないと返した。
ギルドリーダー曰く、ジャックを昇格させたのは、レベルキャップに達していないメンバーのRaidや5名用ダンジョンの引率等の役割を与えるためだと言った
私達はそれは別の幹部に任せることが出来る仕事だと返すと、ギルドリーダーはお前ら幹部は全然仕事してない、怠慢だと言い返し、話は進展しなかった。

話し合いが終わって落ち着いた後、ボブと私には選択肢が残された。
話が決裂した独裁ギルドを抜けて自分達で新しくギルドを作るか、今のギルドの状態を修正しようとするかだ。

数日が経過しボブとギルドリーダーはVentrilo上でしっかりと話し合ったので、問題は落ち着いた、少なくとも今のところは。

現在私達は岐路に立たされている。問題は解決したけどこれからどうすればいいだろう?
ギルドレベルのシステムが変更されてしまったので、今から自分のギルドを始めるのは難しくなっている、でもまた同じことが起きてしまったらどうしよう?

ギルドリーダーが幹部に仕事の割り振りをしないようなギルドが機能するのだろうか。
私達幹部への仕事の割り当ては上辺だけのもので、正しい割り振りが行われていれば今回の一件は何事も無く済んだはずだ。
私自身は言ってくれればもっと仕事をしても良いと思っている。


ギルドレベルの話に戻るけど、移籍を考えるには早すぎる気もしてる。
Guild perkがあるから私達は自分達を自重させて、問題を解決をしようとしたんだ、これは良くも悪くも取れるけど。

さてこれからどうしよう、ギルドにはどんな変化が必要だろうか?幹部やギルドリーダーはそれぞれどんなことをすればいいだろう?身内でいざこざがあった訳だしギルドリーダーが折れないといけない時なんだろうか?

謝辞

-- A Concerned Officer

やぁ、A Concerned Officer。

現状を判断するためすぐに/gquitはしないほうが良いだろう。
??その場合はGuild perksのおかげで事を急がなかったことになるので感謝することになるだろう。
私は全体的にMMOのコミュニティは直情的に行動するよりも時間をかけて物事を考えたほうがより良い場所になると信じている。ギルドレベルやperkの恩恵の有無に関わらずね。

やり返す為にギルドリーダーに話をせずにリーダーのリアフレを降格させることは良い案だと思ったのかもしれない。
でもそれは目には目を理論で単にやり返しただけだ。
今回の目にあたる部分は明らかにギルドの幹部に相談せずにギルドリーダーが昇格させたことだ。
君らがしたことは結局幹部とリーダーの溝を広げただけだ。

良かった点は、今回の一件で問題を完全に収めるためにいくつかの解決しなくてはいけない問題がはっきりしたことだ。

Issue 1: Promotions

君はジャックの昇格について自分の考えを既に伝えている。
これから先この突然の昇格に関してもっと目を光らせる必要がある。
またギルドリーダーがリアフレをギルドに招待することがあったらどうなるだろうか?

ギルドリーダーに幹部への昇格についての正式な方針を聞いて、リーダーがまだ考えていなければ文書化するように要求しよう。そうすることによって平等な方針を文書化させるか、リーダーがリアフレはとりあえず昇格に値するかどうかに関わらず昇格させてしまうということを自白させる二択を迫ることが出来る。
どちらにせよ、今後不意打ちを食らうことは無くなるだろう。

別の方法としては、幹部全体で平等だと思える方針を提案することも出来るよ。

Issue 2: Officer roles

ギルドリーダーに君達幹部は仕事を増やしても構わないので遠慮無く言って欲しいということを伝えよう。
今までは誰が何をするかはっきりしていなかっただけだ。
たぶんリーダーがそれからギルドの仕事を分担出来るようになることを承諾して喜んでくれるだろう。

全員に仕事の割り当てが終われば、ギルドリーダーは幹部からサポートされていることを感じられるし、幹部もギルド内で名前だけのポジションだと感じることも無くなるだろう。
それから"仕事が割り当てられていない幹部は怠けがちである"という事実について話しをしよう。

Issue 3: Communication

第三の、そして最後の問題はコミュニケーションだ。
このドラマはギルドリーダーが幹部に昇格に関して事前に説明しておけば全て事前に阻止することが出来たものだった。

リーダーは幹部への昇格のはっきりとした定義を持っていなかったんじゃないかと私は予想している、だからこそ皆に知らせもせずに決めてしまったんだろう。
正しく文書かされた方針とコミュニケーションはギルドリーダーが自分勝手な決定を下すことを難しくし、結果長期的に健全且つ安定したギルドの環境が作られる。

更に、リーダーがもっとはやく幹部達に対しての不満を伝えていれば、ここまで酷いことにはならなかっただろう。


でもコミュニケーションは相互に行われる必要がある。
君は幹部としてプライベートなチャンネルで他の幹部を煽るよりもギルド運営に関する意見をもっとはっきり伝えないといけない。
意見を伝えることのほうがずっと生産的な問題解決方法だからね。

Lingering doubts

単にリアフレなだけで無条件に幹部にしちゃうのは本当によくある失敗だ。他の二つの問題に関してはthe three biggest mistakes new guild leader makesにも書いてある。
つまり、君のリーダーはまだギルド運営を良く知らないんじゃないだろうか。

騒動を起こす必要は無かった訳だけども、リーダーが完全にコミュニケーションや方針を作ることに協力的で無いのならば、新しくギルドを始めるか別のギルドに移籍することを考えたほうが良いだろう。

これからリーダーの様子を見極めていこう、今回のドラマからリーダーが学んでくれるといいね。
実際色々学ぶべきことがあった訳だから。
君はギルド運営をより良いものにするためギルドに残ってリーダーを補佐しても良いし、リーダーがもっとギルド運営経験が豊富なギルドを探しても良い。
この選択は最終的に君自身が決めないといけないことだ。

/salute
スポンサーサイト

Downsized OQ

2011.10.29
race-change-to-goblin.jpg
2011年8月29日の記事
原文:Officers' Quarters: Downsized

あらすじ:Raidを葬式で欠席したら批難のメールが来ました…


毎週月曜日、スコット・アンドリュースがオフィサーズクォーターにギルドリーダーシップについて様々なコラムを寄稿します、彼はザ・ギルドリーダーズハンドブックの作者でもあり、現在ノースターチプレスより好評発売中です。

今週、私のキャラクターがいるサーバーで長期間に渡って25名でのRaidをしてきた古参ギルドが10名用のRaidギルドへと方針を転換するという噂が流れている。
Raidサイズの縮小は昨今、より見かける機会が増えてきている。
多くのギルドにとって、ここ数ヶ月25名用のRaidを開催するために必要なギルドメンバーを維持することはより難しくなっているからだ。

理由の一部として夏期のログイン率の低下がある、他にはWoWの月額課金を支払っている総数が減っていることもあるだろう。
また、Firelandsにいる殆どのBossが明らかに10名用のほうが与し易いという事実も無視できない。

今週お手紙をくれたのはギルドのRaid規模の縮小を決めたギルドに所属していて、縮小の経過で自分にRaid参加枠が無い事に気がついたしまったプレイヤーからのものだ。

やぁスコット、

私はカジュアルなRaid guildに所属していてちょっと問題がある。
このギルドにはレベル85になってから最初の野良Raidで数人のギルドメンバーと一緒になってその後ギルドに入ることに決めた。
最初は、特にIceCrownCitadelの時代はとっても楽しくてギルドの運営も順調にいっていた。
私はほとんどのボスでDPSは3位以内で、自分のクラスを良く理解しており、別のRaid参加者と問題を起こしたこともないし、Raidに参加する時は必ず事前準備をしていたしギルドの為に出来ることもやってきた。でも問題が起きたんだ。

ある夜のRaid中に親戚が危篤だという電話を貰った。Raidが終わった時にRaid Leaderに来週は参加出来ないことを伝えた。親戚は亡くなった

ゲーム内での問題はRaidを休んだ次の週数分ログインした時に起きた、幹部から私に対してRaidへの参加/不参加の告知をしなかったことに対しての警告と"Raidに参加したくないならどうしてこのギルドに所属してる訳?"という内容のメールが届いたんだ。

君も想像出来るように私はショックを受けビックリするよりもメールを読んで頭にきた。
後で後悔するようなことを言わないように落ち着いた後、私はその幹部にどうしてこんなメッセージを送ってきたのかを聞いた。
幹部は"Raidに来させるためだ"と答えた(この点に関して私は1回のRaidには欠席したがその前の15回のRaidに関しては連続して出席していた)
私は幹部にRaid Leaderには休む理由を伝えてあることと、どうして最近ログインしていなかったのかを戻ってきた時しっかりと説明した。
こんなメールを受けることになることはおかしいということを伝えると幹部は謝ってきた。それからこれから言葉遣いにはもっと気をつけるように注意したんだ。

そして現在、今までは一緒にやってて楽しいギルドだったけど、良い印象は持てなくなった。
その理由の一つに私がいない間にギルドは10名用のRaidに方向転換することを決めてしまい、更に私のいない間にコアとなる10名のグループを既に編成してしまっていて私は"補欠"になってしまっていたからなんだ。

私からの質問は二つだ。

1)ギルドの幹部に対してわだかまりを未だにもっているのは間違っているかな?それとも私の思った通り幹部の対応が良くなかった?

2) ギルドを抜けずに現状が改善されRaidに参加出来るようになるのを待ったほうが良い?それとも移籍したほうが良いかな?今週は野良でBlackWingDescentに行けたけど、延々とTier11のコンテンツを繰り返すのは嫌なんだ。

君の解答を楽しみに待ってるよ

Disappointed

やぁ、Disappointed。どうやら二つ問題があるみたいだ。
まず君は未だに幹部からのメールに対して怒っていること。
私はメールのことは許して上げるべきだと考えている。
幹部は君がどうしてRaidに参加出来ていなかったのかを明らかに知らなかった、でなければそんな不快なメールを送るわけがないからね。

The mail issue

幹部からのメールは無神経なものだったのかな?確かにそうだったろう。
たった1回Raidに欠席しただけで受け取らなくてはならないような不当なものだったかな?恐らくその通りだ。
でも君は幸運だったと考えるべきだ、つまり幹部はRaidへの出席をとても重視しているということだからだ。
長期的に見て出席、欠席がはっきり判っていることは大事なことで特にTierの終盤、皆がコンテンツに飽きてきた時に大きな違いが出る。

私はこのようなことに恨みに持つ必要は無いと思っている。
というのも最終的にゲーム内の手紙をよこした幹部は謝罪した訳だからね。

本当に問題なのは幹部内でのコミュニケーションが取れていないことだ。
明らかにRaid Leaderは他の幹部にメッセージを伝えていない。この先幹部達が気をつけて行かないといけないだろう。
フォーラムに書きこんでおけば皆が君になにかあったのかを知ることが出来るだろう。

The raiding issue

2つ目の問題勿論10名Raidへの方針転換だ。
まずはRaid Leaderと話をすることをオススメする。
Raid参加者のローテーションの予定はあるのか、それとも毎週同じメンバーを参加させようとしているのか聞いてみよう。

前者であれば毎回ではないが君はRaidに参加出来る平等な機会が与えられる。
後者ならば恐らくギルド運営側のミスを犯している、というのも君のようなメンバーを冷遇してギルドを抜けることを考えさせてしまうようなギルドであれば一度Raidのスタメンが不参加だったりいなくなったりしてしまったら、代わりのプレイヤーがいなくなってRaidが立ちいかなくなるはずだからだ。

毎週"優先参加"出来るRaid参加者が出席出来ない時以外は常に他のメンバーを補欠にするのはフェアじゃない。
補欠メンバーに対しての何かしらの配慮やローテーションが無くなてはならない。
Raid Leaderがこの問題に対してどのような対処を考えているかで、ギルドに残るか抜けるかの判断が出来るだろう。

別の方法として幹部に2つ目のRaidグループを始めても良いか聞くことも出来る。
そのグループは別のRaidチームからのプレイヤーも含めたAlt(1st以外の別キャラ)でのRaidでも良い。
勿論、君かギルドメンバーの誰かがスケジュールや構成、指揮をしないといけない訳だけど。

最後に、ギルドを抜けるのはギルド側が君にRaidへ参加する機会を与えないことが判った時にしよう、不幸な勘違いをしたままギルドを抜けることにはならないようにね。

/salute

More on raid saves Officers' Quarters

2011.10.09
raid04_01.jpg
原文:Officers' Quarters: More on raid saves
2011年8月15日の記事

あらすじ:先週の記事の訂正とお詫び+@


毎週月曜日、スコット・アンドリュースがオフィサーズクォーターにギルドリーダーシップについて様々なコラムを寄稿します、彼はザ・ギルドリーダーズハンドブックの作者でもあり、現在ノースターチプレスより好評発売中です。

良いリーダーであるためにはミスを犯した場合も正直に言わなくてはならない。
先週のInstance内での雑魚ファーミング(金稼ぎ)のコラム内で私は昔のRaid全体が同じIDを共有するRaid IDシステムに基づいて話をしてしまった。
読者のみんなたちがすぐに指摘してくれたとおり、現在のRaid IDシステムは変更されている。
それぞれのプレイヤーがボス(と倒していなかった場合はその前提のボスも含める)を倒した時にIDがセーブされる。
新しいRaid IDシステムがどんなものか完全に忘れてしまったみんなたちは、ここにRaid IDの保存の仕様が掲載されている

海外に出張中で時差ボケしてて扁桃腺による熱があり、一ヶ月以上WoWを遊んで無かったとコラムに追記出来ていればどれだけ良かったか。
先週コラムを書いてた時はそうだったんだけど、コラム内の要点である部分での誤解の言い訳にはならないよね。
まぁ実際そんなことは無かったんだが、読者のみんなたちが私のミスを許してくれることを願っている。
コメント欄に間違いを指摘くれて、混乱していた読者を安心させてくれたみんなたちにありがとう。

さて、私もRaid IDのなんたるかを理解したことだし、ファーミングの問題を復習してそれに加えてその他にRaid IDについていくつかのトピックを追加しよう。

Trash farming

先週のお手紙のような状況の場合、こっそりファーミングを行っていたメンバーは既にShannoxやその他いくつかのボスを討伐済だった。そのメンバーが例えばまだ倒していないボス、Alysrazorを勝手に倒すことにしたらどうなってしまうだろうか、確かに残りのRaid参加者がAlysrazorを倒せなくなる訳ではない。でも既にAlysrazorを倒してしまったメンバーはギルドでのRaidでは同ボス戦に参加出来なくなる。

Alysrazorを勝手に倒されてしまった場合、ギルドがその参加出来なくなったメンバー全員分の穴埋めをすることはまずできないだろう。つまりTraitor Dragon以外の最初の5匹のボスを倒すことは出来るが、Alysrazorを倒すことが出来なければStaghelmへ向かうための橋が出てこない。ファーマー達が1匹のボスを倒してしまうと、橋の先に待つ3匹のボスと戦う権利を奪うことが出来る訳だ。


しっかりしたメンバーがいるならこんなことは起こらないけど、もしもの話だ。
プレイヤーの中にはただ結果どうなるかを考えずにやってしまうものもいるだろう。

みんなたちのギルドメンバーにボスを衝動的に倒してしまうかもしれないプレイヤーはいるかな?

Selling access

他に私が考えつくRaid-saveを利用した金稼ぎの手段としては後半にしか戦えない"楽"なボスと戦う権利を売るなんてものがある。
Staghelmはよく単純なボスだと良く言われている、特に10名用の場合は。

Raid参加者の一人が10,000GoldでStaghelmと直接戦える権利を売るようなことがあったらどうなるだろうか?
そうそうある話ではないとは思うが、全くあり得ない事ではない。

長期間WoWをしているプレイヤーはAH(競売)で沢山のお金を稼いでいて、Firelandsでのドロップアイテムの価値も知っている。そういうプレイヤーがStaghelmの為に集まり、epic一つにつき6000Gを課し、30分の作業で2000Gを手に入れられるし(mobが落とすLiveing Emberを除いて)、もっと高い値段をつけられるかもしれない。兎に角、ドロップアイテムの次第で上乗せをする前にそれぞれの参加者に参加費として数百Goldをとることすら可能かもしれない。

次のRaidに参加出来ない事が判っている場合、みんなたちのRaid参加者もこういうことを考えつくかもしれない。
幹部のみんなたちはどう思うかな?

Out-of-guild raiding

他にも、この新しいRaid IDのシステムは同じ週に一人のプレイヤーを複数のギルドのRaidに参加することを可能にする。
誰がそんなことするんだって?現在所属しているギルドを良く思っていないメンバーがこのシステムを利用して同じサーバーの別ギルドのRaidに仮参加することが可能だ。
所属ギルドが仮参加するギルドよりも攻略が進んでいるなら移籍先のギルドに後半のボスと戦える権利を与えられる訳で"山吹色のお菓子"としても使えるだろう。

これは馬鹿げたことで、誰かしらにRaidをしてない日Firelandsにいることがバレてしまうだろうが、ただ雑魚狩りで金稼ぎしてただけと言い訳が出来るよね?で、もし別ギルドでボスを先に倒してしまっていた場合次のRaidは用事やしごとをでっちあげて参加しなければ良いだけだ。

逆に週初めの所属しているギルドのRaidに参加せずに仮参加のギルドのRaidに参加し、所属しているギルドがその日に倒すボスを倒しておく。
それから同じ週の次のRaidには誰にも気付かれずにRaidに参加することが出来るかもしれない。

みんなたちのギルドメンバーをどれだけ信用出来るかな?

*shanigan 悪戯、悪ふざけ
Save shenanigans

上記のシナリオ殆どがまぁ日常的に起こるものではないが、WoWにはユーザーが一杯いるし、どこかのサーバーでどこかのギルドのメンバーが必ずやっているのは間違い無いだろうね。

幹部のみんなたち全員が気を付けなくちゃいけないことだとは思わないが、それでもこういうことが起きる可能性が存在するということは覚えておくべきだ。それぞれの段落を質問で〆ているから、みんなたちのギルドに潜在的な可能性があるか自分の胸の中に聞いてみてね。

不安になったみんなたちは以下の手順でRaid IDが起こすトラブルを未然に防ぐことが出来る。
Raid IDで何をしても良い/駄目をギルドの方針に書いておこう。
私は、賛成してくれない人も多いかもしれないが、ギルドの助力で得たものは個人のものではなくて、ギルド全体のものだと考えている。

Raid IDに対する方針に決まった日以外で最新TierのRaid Instanceに入る前には必ず幹部に伺いをたててからにすると書いておくのも良いだろう。
幹部はメンバー勧誘や準備、Raidの構成やRaidの指揮等色々頑張ってるんだからそのくらいのことをRaid参加者に課すのは大したことじゃない。

これはリスペクトの問題で、幹部はギルドの他の誰よりもRaid攻略を進めるための下準備をしている訳で、そのおかげでファーミングも可能になる。だから今コラムを読んでくれている幹部ではないみんなたちに私はギルドの手で勝ち取ったRaid IDの利用に関しては丁重な扱いをお願いしたい。

こういうことを気にしない幹部のみんなたちは、今のままでも良い。
気にするみんなたちはギルドの方針に追加しておくこと。

こういった類のルールは追加すれば効果がすぐに現れるようなものじゃあないが、誰かが不正を働いたのを発見した時にあらかじめルールを用意しておけばそこからギルドに合ったルールに変えていけるだろう。

/salute

Dark Souls感想

2011.10.01
クリアタイム大体50時間 レベル70ちょい
前作に引き続き初見殺し大量ながらもボス、道中共に理解すればリーズナブルな難易度が素敵
鈍器キャラで行こうと思っていたのに気づいたら槍に甘える重装の体力、持久重視キャラになっていた。
呪術も結局使いたいと思った時には既にNPCがいなくなった後だったせいで時既におすし、次のキャラでは呪術に全力で甘えたい。

ゼノブレイドぶりにオフラインゲーム(正確にはオフラインのみじゃないけど)にどっぷり没頭出来たのは先がついつい気になるオープンワールド式だったからだろうか、バグの多さと処理落ちの酷さ以外は本当に素晴らしいゲームだった。PvPは色々言われよるけど基本的にやらないのでノーカン。

以下壮大なネタバレとボス毎のおおよその死亡数を含む

How different is too different OQ

2011.09.20
turkish-flag-treated.jpg
原文:Officer's Quarters:How different is too different?
2011年8月22日の記事
あらすじ:トルコ人限定Pvギルド作ったんやけっど…


毎週月曜日、スコット・アンドリュースがオフィサーズクォーターにギルドリーダーシップについて様々なコラムを寄稿します、彼はザ・ギルドリーダーズハンドブックの作者でもあり、現在ノースターチプレスより好評発売中です。

新たにギルドを設立時最も大事な事の1つは、サーバー内の別のギルドと差別化を測ることだ。
普通のギルドとは違った特色があれば、その特色に惹かれたプレイヤーがやってくる、どれだけそれが小さくてもギルドに興味を持ってくれるプレイヤーは増える、つまり差別化されたところに惹かれたプレイヤーを勧誘すれば良いわけだ。
この差別化については数年間に渡っていくつものコラムで何度も取り上げているよ。

でも差別化しすぎちゃうなんてことはあるのかな?
今週お手紙をくれたギルドリーダーはそれを知りたがっているよ。

Hello,

やぁ私はトルコに住んでいるEmir Ergencという、君のWoWinsider内のコラムを長いこと読んでいて、いつも楽しませて貰っているよ。

私とガールフレンドは"Efsane"(英語だとLegendって意味)というギルドを私達のいる鯖(EUのWildhammer鯖)に設立した、このことを教えたのは君にも一度チェックしてみて欲しいからさ:)
ギルドHPのURLはefsane.guildomatic.com(HP内はトルコ語だけど)
ギルドにいる私のキャラ名はAlhara,Faelha,Eladiaで、ガールフレンドはギルドリーダーでキャラ名はShehrazadっていうんだ。

かの○ょと一緒にトルコ語で会話しながらBattleground(PvP専用のエリア)レート戦で活動するギルドを作りたいと思っていて、大体14-20人のメンバーが欲しいと思っていて(大きなギルドを目指してるわけじゃないんだけど、先のことはまぁ判らない)Battlegroundのレート線で上位(つまりハードコア)をトルコのプレイヤーと目指したい。

私達のギルドは非常に狭いところに着目しているから、いくつか問題が出始めたんだ。
どれも大きな問題ではないんだけど、君からのアドバイスをお願いしたいんだ。

私達はまず首尾よく一人の素敵なプレイヤーの勧誘に成功したけどそこまでだったんだ。
General City Chatでギルドの勧誘文句を書くと、トルコ語が判るプレイヤーがギルドレベル(私達のギルドレベルは作りたてだから1)、人数は何人いるか(5人いるけどそのうち二人は私のAltだ)、それからBattleGroundにおける私達の現在のレートを聞き(まだ人数揃ってないからレートついてない)がっかりしてギルドには入ってくれないんだ。
私は質問をしてくるプレイヤーに対してギルドは作りたてだからまだまだだけどこれから頑張ると伝えているんだけど、今のところは効果はない。

私はギルドがこれから成功することを信じているし、ギルド勧誘も頑張ってる。いくつかのギルドルールを作り、互いの知識をHP内でシェアしている(トルコ語でね:) )
でもギルドの目標(PvP)と加入条件(トルコ語話せるメンバーのみ)を制限しているせいでメンバー勧誘が非常に難しいんだ。

今のところ4つの方法を考えている。

・目標と加入条件を変えずに入ってきてくれたメンバーが抜けないことを祈りつつギルド勧誘を続ける。

・トルコ語判るメンバーのみの制限を撤廃する(この場合はギルドの名前、方針を英語に書きなおさないといけない、まぁこれは問題じゃないけど、でも私はコミュニケーションがBattleGroundにおける勝利の鍵で、時にネイティブな言語じゃないと上手くメンバーに伝えられない時があると信じてる)

・目標を変える(トルコ語のRaid Guildは既に沢山鯖にあるから、PvEしたくなったらそのどれかに入る予定サ)

・目標とトルコ縛り両方を変える(ありえん:) )

それぞれの選択肢の後に私のコメントを書いたけど、実際には1番以外ありえないと考えているわけじゃない、ただその選択肢についてどう思っているかを知って欲しかったから書いておいたんだ。

返信に先立って謝辞を
やぁ、Emir

トルコ人PvPプレイヤーのみのギルドをつくることによって、確かに君は普通のギルドとの差別化を行えている。
でもあまりにも特価しすぎて潜在的なメンバーをあまりにも沢山失っているかもしれない。
結局、ギルドを個性的にすればするほど、見つけられるメンバーは減っていくんだ。

つまり君のギルドはちょっと差別化を計りすぎているかもしれないね。
最初から強力な基盤があればもっと楽になるんだけど、残念だけど君はそうじゃないみたいだし。

Build a base

そんな訳で私は制限を緩めることをオススメする。
まずはありふれすぎているギルドと個性的すぎるせいで誰も入れない/入りたいと思わないギルドの間の落とし所を探さないといけない。このケースでは君のお手紙の2つ目の選択肢が良いだろうね。

この選択肢は君の目標を諦めることにはならないし、将来的に君の思うようにギルドを変えられる可能性もある。
でもまずは基盤を作らないと君はこの先生きのこることは出来ない。

"トルコ人オンリー"から"Turkish-Friendly(親トルコ)"ギルドに変えるのはどうだろう。
信じてくれるかどうかは判らないが、この二つのフレーズには非常に大きな意味合いの違いがある。
"Only"は除外を伴う言葉だが"Friendly"はそうではない。
"Only"はプレイヤーを押しのける言葉だが、"Friendly"は逆だ。
今回のケースに関して"Only"は"Friendly"がそのままの意味でしか取られない一方、偏見や差別的な意味で受け取られてしまうかもしれない。

この場合トルコ人以外のプレイヤーも勧誘することになるが、長期的には今までより多くトルコ人プレイヤーを惹きつけることが出来ることに加えて、トルコ人以外のプレイヤーがギルド内でトルコ語の話についていけなくなったとしても、話が違うとは言えないだろう。

A final word on recruiting

勧誘が上手く行くと人数は勝手に増えていく。
勧誘してきたプレイヤーはそれぞれが友人を連れてくる可能性があるからだ。
時には勧誘した一人のメンバーが充分な数のプレイヤーを纏めて連れてくることすらある。

まだギルドが作りたてだと答えた、これまでのギルドの経歴を聞いてきたプレイヤーに関してだが、コミュニティがまだ新しいことを欠点として話さないようにしよう。経歴がまだ無いことを謝る必要はない。
そこは新しいギルドで派閥や慣例、既にゲームに飽きたりしてあまりログインしない幹部が存在しない環境で新しいスタートが切れるチャンスだということを伝えよう。

辛抱強く、ギルドメンバーの勧誘を続けよう。
そのうちギルドに必要なメンバーをきっと見つけられるはずさ。

/salute
Template by まるぼろらいと

Copyright ©<'> ← 下半身 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。